2018年10月10日

ドライバーは近くを見ない

これ本当です。
教習所の実技で最初の頃習うこと、「遠くを見なさい!」。
そうなんです、クルマを真っ直ぐ走らせるとき、間近を見ていると蛇行をし易いのです。
おまけに、上の方を見るようにしつけられます。
それは、信号機、標識なんかが高いところにあるからなんです。
そういうわけで、間近の道路は余り見てません。
慣れてくると、遠くを見て運転しないと目が非常に疲れると分かります。
特に、近い地面を見ていると地面が視野内で高速で走り、ものすごく疲れるのです。
一時問題になった、大型トラックの前面ガラスの下の部分に板を立てかけ、地面を見えなくする、なんて云うのもその対策でしょう。
ただ、これは危険です。止まっているとき真下に背の低い子供なんかがいたら見えません。行政の指導で禁止されました。
ドライバーが近くを見ていないと言うことは、自動車が接近してから道路に踏み出すのは極めて危険です。
若い人なら、遠くを見ていても周辺視力がありますから、咄嗟に気付くと思いますが、視力の衰えている高齢者だとかなり危険です。
それから、スピードを出すとますます視野が狭まります。
ドライバーが前を見ていると安心しないで下さい。見てない、見えてないかも知れませんから。

posted by トロント at 14:14| Comment(0) | ドライバーの本音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

本気で事故を無くす気があるのか

ソフトバンクとトヨタが提携し新会社を設立すると報ぜられた。
記者会見時の発言を添付する。
トヨタの社長は交通事故をゼロにするという目的が同じだと発言しているが、
本当に交通事故被害者を無くそうと思っているのか甚だ疑問である。
儲かる仕事第一主義でないことを祈りたい。

日経20181005.jpg
posted by トロント at 14:49| Comment(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

立場が変わるとこうも変わるか−元警視総監

毎日のオピニオン欄の発言です。
クルマの税金を下げよと主張しています。
この方は、元の交通局長、取り締まる側だったのですが、天下りで180°思想が変わりました。
というより、警察そのものがクルマ社会の支持機構ですから仕方がないか。

毎日20181004.jpg
posted by トロント at 11:51| Comment(2) | 警察はクルマ擁護団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

ドライバーは他人の迷惑を気にしない

ドライバーにもいろいろいますから、一概には言えないのですが、一般の良識あるドライバーでも、迷惑に気付いていない事が多数あります。
例えば、
ただ走っているだけでも、騒音、排気ガス、タイヤ粉塵を多量にまき散らしています。
こんな事が、世間の常識になっていて、何にも感じなくなってしまっているのですね。
寝静まっている、早朝、深夜にエンジンを掛けて暖気運転する。
道路で洗車をする。
なんて云うのもあります。
もっと、確信犯的には、
住民の歩行者しか通らないはずの狭い道を抜け道に使う。
雨の日、水を引っかけて逃走する。(これは本当は違反)
爆音を立てるマフラーに取り替える。(これも違反臭いですが)
大音響で車内ステレオを掛ける。
周囲の風景に似つかわしくない派手な色、装飾のクルマを乗り回す。
とにかく、何をやっても咎められないのです。
クルマは逃げ足が速いから、立つ鳥跡を濁さずではないのですね。




posted by トロント at 13:08| Comment(2) | ドライバーの本音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

ドライバーは警察を憎む

これは大概のドライバーの気持ちではないでしょうか。
とかく警察の取り締まりはとかく評判が芳しくない。
隠れてこそこそ捕まえようとする。
一見広くて安全そうなところで捕まえる。
狭くて危なそうなところでは捕まえない。
わざと違反をさせてから捕まえる。
違反にも斟酌があって不平等に感じる。
違反が認定しやすい違反ばかり狙う。
罰金のノルマがあるのではないか。
などなど。
ドライバーで警察の好きな人は皆無でしょう。
それというのも道交法が細かくて項目が多いことにも原因はありそう。
運転関係の規則だけでも75条ぐらいありますから。
そんなの、一生に一回の試験しか受けてないのに覚えていられるか、というのが本当のところ。
あれは、警察官僚が微に入り細にわたり考えた法律なんでしょうね。
もっと簡単に分かりやすくならないものだろうかと思いますね。
駐車禁止の場所だって、細かい規則が一杯ありますが、結局は禁止の標識を立てている。
ま、言ってもしょうがないか。
道路の隅に空色のユニフォームを見たら注意です。
標識の設置費用はドライバーの罰金から出ているそうですから。









posted by トロント at 14:02| Comment(0) | ドライバーの本音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする