2016年02月29日

赤信号無視ー梅田でまた事故

<交通事故>また梅田で 通行人3人軽傷 63歳容疑者逮捕
毎日新聞 2月29日(月)1時45分配信

 28日午後9時20分ごろ、大阪・梅田の市道交差点で、横断歩道を渡っていた20代の男性2人と50代の外国人女性1人が乗用車にはねられた。3人は頭を打つなどしたが軽傷。大阪府警曽根崎署は乗用車を運転していた東大阪市高井田元町1、印刷業、小松善行容疑者(63)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行犯逮捕した。
 曽根崎署によると、3人は青信号で横断歩道を歩いていてはねられたとみられる。小松容疑者は「信号を見落とした」と話しているという。
 現場は、25日に乗用車が暴走し、通行人ら11人が死傷した事故現場から南東に約400メートル。JR大阪環状線を挟んだ反対側の繁華街。
*****************************
何を信じたら良いのか。赤信号の見落とし。悪意はないようだが。
こういうとき、今のクルマではそのまま突っ走ってしまう。止まらないのだ。
青信号を信じて歩いていた方が損をするだけだ。
このクルマの構造は出現以来100年以上変わらずに来た。
如何に原始的かお分かりになると思う。
この事故は、口を酸っぱくして言ってきたことが証明されただけだ。
このままで良いのかどうかは、皆さんが決めることだが、
ブログ子はこのままでは我慢ならない。





posted by トロント at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

運転者が死んでしまうとどうなる-梅田事故

ブログ子は法律のプロではないから、受け売りであることを断っておく。
今回のように、加害者が死んでしまった場合は、賠償責任がないのが法律の決まりだと昼の番組で言っていた。そんなことは知らなかった。
そうなると、轢かれてしまった被害者はどうなるのであろうか。そんな理不尽な話はない。
番組では、そうは言っても裁判所は被害者が気の毒なので自動車賠償責任保険は支払うようにという裁定をするといっていた。しかし自賠責保険はは器物には適用なしだという。
だとすると、建物の一部を壊されたホテルは泣き寝入りか。
クルマに関する法律はおかしなところが一杯ある。
今回の事件でそんなことを初めて知った。
ただ、任意保険に加害者が入っていればどちらもカバーされるようである。
もし無保険車だったら大変である。相続人を相手に訴訟となるようだ。そんなクルマを運転しているような人間だったら相続人も相続放棄するであろう。泥沼だ。
無保険車かドライバーが任意保険に入っているかどうかなんて、歩行者側は知りようもない。
だから、クルマ社会は怖い。









posted by トロント at 14:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怖い!!逃げられない!

トラックの角材が対向車に衝突、男性けが 佐賀・上峰
佐賀新聞 2月28日(日)より

 27日午後3時5分ごろ、佐賀県三養基郡上峰町堤の県道で、走行中のトラックに積んであった建築用角材が荷崩れし、対向してきたトレーラーの運転席の窓ガラスを直撃。運転手の佐賀市の30代男性が顔に軽いけがをした。
 佐賀県警鳥栖署は道交法違反(無免許運転)の疑いで、容疑者(61)を現行犯逮捕した。
 現場は直線で、トラック側の車線は下り坂になっていた。荷崩れの原因を調べている。容疑者は2009年7月に免許取り消し処分を受けていた。
***************************
無茶苦茶だ。
運転していてすれ違いざまに、角材が目の前に飛び込んできたら!
映画の恐怖シーンではないのだ。死ななくて良かった。幸運だとしか言いようがない。
このような場合、自由が効くと思われているクルマは全く自由がきかない。
左へハンドルが切れるかどうか。もし切って並走車がいたら大変だ。間違いなくぶつかる。潰してしまうかも知れない。
一車線の道路なら道路外へ飛び出すかも知れない。そうなれば歩行者が危ない。自分も店舗に突っ込む、崖下へ転落だってあり得る。
そんなことをコンマ何秒で判断しなくてはならないのだ。だからクルマには運転の楽しみなんかないことを忘れるな。
それにしても、加害者はひどい。
7年間も取り消し無免許。そういう男だからこんな事を起こすのだ。
免許がなければエンジンの掛からない装置を義務化すべきだ。







posted by トロント at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

これも梅田と同じか

「心臓痛くなり」車で衝突死 大津の国道
京都新聞 2月27日(土)より

 25日午前4時半ごろ、大津市錦織1丁目の国道161号で、同市比叡辻1丁目、自営業の男性(49)の軽乗用車が道路脇のコンクリート塀に衝突した。男性は腹部を強く打って死亡した。
 大津署によると、現場は車線のない坂道で、男性は事故直後には意識があり、同署員に対し「心臓が痛くなり事故をした」と話していたという。
****************************
こんな事故が連続している。どんな状況であっても道路を安心して歩けない。
やはり、この国にクルマを導入したのが誤りであった。
最早、保安装置しか歩行者を守る手段はない。
一刻を争う問題だ。技術者よ立ち上がれ。





posted by トロント at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

梅田事故運転者の死因判明

大橋さん死因判明 大動脈解離による心タンポナーデ 事故3時間前に発症か
産経ウエスト2月26日より

 大阪・梅田の繁華街で乗用車が暴走し2人が死亡、1人が重体、8人が重軽傷を負った事故で、大阪府警は26日、車を運転して死亡したビル管理会社経営、大橋篤さん(51)=奈良市=を司法解剖した結果、死因は大動脈解離による心タンポナーデだったと明らかにした。発症から約3時間後に死亡したとみられる。
 心タンポナーデは心臓と心臓を覆う膜の間に血液などが貯まって、心臓の動きを阻害する症状。大動脈の内壁がはがれる大動脈解離で心臓付近の血管の一部が裂けて出血した際に、心膜の内側に血液が流れ込んで発症、心臓が圧迫されたと見られるという。
***************************
こういう病変がでてもクルマが走ってしまう。
そして簡単に赤信号を無視して歩行者をはね、歩道を走ってしまう。
このクルマシステムに欠陥があるのだ。
早く直さないとまだまだ起きる。



posted by トロント at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする