2016年11月30日

馬鹿じゃなかろうか!

交番に「車にあおられた」と相談男 実は飲酒運転
神戸新聞NEXT 11/30(水) 9:18配信


 兵庫県警神戸西署は30日、酒気帯び運転の疑いで、三木市内の無職の男(74)を逮捕した。男は逮捕前、車に乗って神戸市西区の交番を訪れ、「後ろを走る車にあおられた」と相談。その際、警察官が酒のにおいに気付き、飲酒運転が発覚した。
 同署によると、男は29日夜、同区内をマイカーで走行し、後続の車の運転手から蛇行運転をとがめられた。双方が車を降りて口論となったため、男は自ら車で向かった近くの交番で、運転中に後ろから車であおられたと申し出た。
 しかし、会話中に飲酒運転を疑った署員が呼気検査で、基準を超えるアルコールを確認した。男は「自宅で飲酒した後に運転した」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は29日午後10時20分ごろ、神戸市西区押部谷町の県道で、酒を飲んだ状態で車を運転した疑い。
****************************
まるで落語ですよ、これは。
笑えますね。
しかし、事は落語チックでも、心がけは極めて悪質。交通災害にならなくて良かった。
おまけに高齢者、いままでこういう飲酒運転をやっていたんでしょうね。
刑務所に入るか高額の罰金を納めてもらいましょう。
しかし高齢者ゆえ、心がけは改まるかどうか。
怖い話です。



posted by トロント at 16:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

タクシー運転手が運転中に死亡?小学校正門に衝突

タクシー運転手が死亡、意識失い?小学校正門に衝突
TBS系(JNN) 11/27(日) 12:01配信
 27日未明、千葉県浦安市でタクシーが小学校の正門に衝突し、運転手の65歳の男性が死亡しました。
 午前4時半すぎ、浦安市富岡でタクシーの乗客の男性から「運転手の意識がありません、呼吸がありません」と119番通報がありました。
 救急隊などが現場に駆けつけたところ、タクシーが小学校の正門にぶつかった状態で停止していて、運転手の男性(65)は病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。乗客の男性(32)は腰などを打つ軽傷で、警察に対して、「運転手が意識をなくしているのに気付いてハンドルを操作した」と話しているということです。
 現場にブレーキの痕がないことなどから、警察はタクシーの運転手が運転している間に病気などが原因で意識を失い、反対車線にはみだして衝突した可能性があるとみて、事故の状況を詳しく調べています。
****************************************
これも怖い。歩行者に被害がなくて良かった。
乗客も恐ろしかったと思う。
デッドマン装置は絶対に必要だ。
メーカーは逃げるな!

posted by トロント at 10:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

前を本当に見ていたのか!5歳児重体

5歳男児が車にはねられ意識不明の重体 千葉市
テレビ朝日系(ANN) 11/27(日) 0:22配信
 千葉市美浜区の路上で、5歳の男の子が乗用車にはねられて意識不明の重体です。

 26日午前10時半ごろ、千葉市美浜区稲毛海岸で、道路を横断しようとした男の子が乗用車にはねられました。男の子は病院に搬送されましたが、頭などを強く打っていて意識不明の重体です。現場は見通しの良い直線道路で、横断歩道や信号はありませんでした。警察は、近くにいた男の子の母親や乗用車を運転していた男性(56)から当時の状況を聞くなど、事故の原因を調べています。
*****************************
見通しの良い直線道路。
目は開いていても、別のことを考えているなど運転に集中していないことがある。
とにかくこのような災害はなくさねばならない。
衝突予防ブレーキは即刻義務化すべきだ。

posted by トロント at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

少年でも運転できるのが問題では?

少年4人乗った盗難車 パトカーに突っ込む
日本テレビ系(NNN) 11/24(木) 15:05配信
 少年4人が乗る盗難車がパトカーに突っ込んだ。4人は逃走し、そのうち3人は崖から飛び降りて1人がケガをしている。
 24日午前0時頃、愛媛県松山市のトンネルで、道路を封鎖していたパトカー2台に松山市内の中学生2人を含む少年4人が乗った盗難車のワンボックスカーが突っ込んだ。少年4人は車を乗り捨てて逃走。3人は近くの崖から飛び降りたということで、1人が手首を骨折した。
 警察は少年3人を、ワンボックスカーを盗んだ疑いで逮捕するとともに運転していた17歳の少年を無免許運転の疑いで調べている。
************************
高齢者のペダル踏み間違いもそうだが、オートマチック車が原因である可能性が高い。
クラッチがあれば、練習を積んだ人でなければ上手く動かすことが出来ない。
言ってみれば、教習所の一番の役割はこのクラッチ操作の習得と言っても過言で無かったと思う。
いまや殆どのクルマがオートマチック車である。
全く初めてでもアクセルを踏めば走り出す。
クラッチ操作を誤ってエンストなどと言う言葉は死語になってしまった。
これでは、中学生でも運転出来てしまう。
高齢者もクラッチがあればそう簡単に暴走はしないような気がする。
ドライバーに楽をさせる機構が操作ミスを呼ぶし、無免許でも動かすことが出来てしまう。
やはりシステムの根本から考え直さねばならないと思う。



posted by トロント at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

雪で立ち往生の車に罰金=チェーン装着を促進―国交省検討

時事通信より
国土交通省は22日、積雪時に幹線道路で立ち往生の原因をつくった車に対し、罰金を科す方向で検討を始めた。タイヤチェーンの装着を促すことで、立ち往生による渋滞を防ぐのが狙いだ。また、降雪予測を早めに住民などに周知し、大雪の際は車による移動を控えるよう呼び掛ける方針。
 気象庁の統計データによると、近年は短時間に大雪が降る「ゲリラ豪雪」が局所的に発生。直近6年間に観測史上最高の積雪を記録した地点は全国の32%を占めており、雪の降り方は極端になった。2014年2月に関東甲信越を襲った大雪では、長野県軽井沢町の国道などで車の立ち往生による大規模渋滞が発生。除雪作業の妨げにもなるなど問題となった。
 国交省は今後、具体的な金額などを詰め、道路法で罰則を規定する方針だ。来冬以降の実施を目指す。担当者は「鉄道を止めると損害賠償が請求されるケースがあるが、道路も同じ。勾配が5%を超える区間では立ち往生が多く発生するのでチェーンを装着してほしい」と話している。
 15年度に国が管理する国道で立ち往生があったのは547件。9割以上がチェーンを装着しておらず、ノーマルタイヤの車も25%あった。
******************************
クルマ対クルマの迷惑解消。
本来なら、クルマ対沿道住民の迷惑解消としてもらいたいところだ。
といっても、このようなところから、無責任ドライバーに警鐘を鳴らすのは良いことだと思う。
とにかくクルマユーザーには余りにも自由を与えすぎてきた。
1人の勝手が多数の人に迷惑を掛けても構わないという常識が出来上がっている。
本当は行政が個人を罰するのでなく、迷惑をこうむった多数が原因者に対して連名で損害賠償訴訟を起こせば良いのだ。
これは、雪の渋滞に留まらない、運転の失敗で道路を塞いでしまった時、交通事故で規制された時などでもやれば良い。
そうすれば、クルマの運転者はべらぼうに少なくなるであろう。 
そんなリスクは負いたくないのが人情だから、これをカバーする保険が出来るかどうか。
多数の他人に迷惑を掛けても知らぬ顔というのはクルマ社会の悪い常識だと思う。
まあそれも、クルマ社会の行き過ぎた匿名性が支えているのであろう。





posted by トロント at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする