2017年04月14日

効果あるのか交通安全運動

前々から疑問に思っているのが全国交通安全運動だ。
以前は自分と全く関係なかったので、街角のあちこちにテントを張って、老人たちがただ座っているだけの何とも活気のない行事だなと感じていたが、最近、町会の役員をやることになり、その内情に接することとなった。
この行事は内閣府が音頭を取り、新聞社の後援で、小学生まで巻き込んだ全国的な大行事なのだが、その実、クルマ関係者と警察のための行事なのである。言ってみれば、交通弱者には関係のない行事なのである。つまり、町会の老人たちはただ駆り出されてノルマを果たしているだけなのだ。
この運動には、現実には大多数の一般のマイカードライバーは関与していない。つまり、この運動は職業としてクルマを運転するような業界とその周辺の業界が対象なのである。
一般のドライバーには何の通知も来ないのがその証拠だ。
家庭には回覧板が来るぐらいだが真面目に読む人はいない。
だから、一般ドライバーには「安全運動のポスターが張ってあったな」、「交差点に警官が多いな」、「捕まらないように特に注意しよう」程度の注意喚起にしかならない。
そして、その注意喚起は10日間たてば平常に戻るのである。
住民たちがテントのなかにいればまだ良い。テントだけのところも沢山見受けられる。
よしんば、住民たちがテントの中で交通を見張っていたとして何が出来るというのであろうか。
たとえば、クルマに違反があったとしても市民にそれを注意する権限、取締まる権限は与えられていない。
ただ「見ているぞ」という脅しの雰囲気だけである。
匿名性が高く、逃げ足の速いクルマのドライバーに怖れるものはない。
あからさまにこの運動をからかうドライバーも沢山いるぐらいなのである。
その一方で、小学生には交通事故に遭うのは自分の方が不注意だからと教えるのもこの時期である。
こんな運動のどこが必要なのであろうか。
この国は、この運動を70年近く続けてきているのだ。



posted by トロント at 00:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする