2017年05月03日

ゴールデンウィーク渋滞に想う

クルマシステムは基本的に同じ1本の車線に速度0キロから速度100キロまでのクルマが混在して良いシステムである。
そこに普段見落としている大きな問題が潜んでいる。
その良い例が、駐車していて発進し走行車線に合流することを考えてみると判りやすい。
こちらは速度0キロ、車線を走って来るクルマは法定制限速度一杯、その速度差は60キロ。
こちらが60キロまで加速するためにはある程度の時間が必要なのだ。
一方、後続のクルマは60キロでどんどん迫ってくる。こちらがかなり思い切って加速したとしても10秒は必要であろう。
その間に後続車は167メートルも近づいてくるのだ。
勿論こちらも逃げるが、60キロに達するには83メートル必要だ。
だから割り込もうと判断するには、理論的には後車との差は84メートル以上が最低限必要なのだ。
これとてすれすれで割り込むという前提だから、自車の長さや後車がブレーキを踏まぬようにという事を考慮すると、少なくとも100メートルは必要であろう。
だから、クルマが法定速度で走っている道路に、停まっているクルマが自由に割り込むことをシステムとして許すとすれば、全てのクルマの車間距離が100メートル以上なければならない理屈なのである。
それでも、まだ危険はある。
前車が通過して、後車との差が100メートルあると判断して、割り込むには前車がブレーキを踏まない条件も必要なのだ。もしその先が信号のある交差点で赤信号であったらどうなるであろうか。追突である。
このようにクルマシステムというものは極めて危うい前提に基づいているのである。
事故を起こさないのは人間の高度な感覚と判断力が機能しての話だ。
そうなると、安全に法定速度でクルマが走れるためには少なくとも100メートル間隔でクルマが走るという交通量でなければならないはずだ。その時間は6秒。つまり一時間あたり600台が限度である。
これを超えるとどうなるか。
これが混雑渋滞である。安全に合流できないのだから後車はブレーキを踏むしかない。つまり速度を落とすのである。速度を落とせば安全に合流できるクルマの間隔を短く出来る。
ではもっと合流してきたらどうなるか。
もっと速度が遅くならざるを得ない。
とすると、一台おきに一台合流するなどと言うことになったら、殆ど止まりそうな速度にするしかない。
こんな形で渋滞が発生しているのであろう。
まだ動いている間は良い。
一度止まったらもっと悲惨である。
これは別稿としたい。









posted by トロント at 16:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またまた病院での暴走

大分
混み合う病院に悲鳴 患者、逃げ惑う

毎日新聞2017年5月2日 13時12分(最終更新 5月2日 14時12分)

 高齢ドライバーによる病院での事故がまたも起きた。大分市中心部の大分中村病院に2日、軽乗用車が突っ込み、10人以上がけがをした事故。運転していたのは70代の女性とみられる。午前の診療で混み合う病院のロビーに悲鳴が響き、居合わせた患者や見舞客らは逃げ惑った。
*********************************
続報で負傷者は13人と報じられたが、病院というところは、最もクルマ事故の多いところと考えて良いと感じた。
患者が通院するため、患者は老人が多いと考えてみれば、クルマで病院に行く可能性はかなり高い。
まして入退院時には身の回りの持ち物を運ぶにもクルマが便利であろう。
そこが問題なのだ。
老人が運転して行く可能性がかなり高いのが病院なのだ。それも町医者ではない。中規模以上の病院がその対象だ。そして構内に歩行者が溢れている。
クルマの操縦自由度が高いことが仇になる。
病院の構内は、スピードを自動制限、ガイドウエイに沿ってしか走れないようにする。
車庫入れも自動運転にするなどの方策が緊急課題であろう。
クルマの操縦は自由で楽しいなどという身勝手な考えはここでは許してはならない。



posted by トロント at 11:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする