2017年06月14日

運転してはいけないんですよ

てんかん発作による死傷事故 運転手に5300万円の支払命令
6/13(火) 19:42配信
朝日放送

てんかんの発作による事故で3人を死傷させた運転手を相手取り、遺族が賠償を求めた裁判で、大阪地裁はおよそ5300万円を支払うよう命じる判決を下しました。

当時37歳の会社員だった保田尚伸さんは、おととし3月、東大阪市内の交差点を横断中、赤信号で突っ込んできた生野誠被告(51)の車にはねられ、死亡しました。生野被告は事故当時、持病のてんかんの発作で意識を失っていて、保田さんの両親は、「持病を認識していたのに、運転を続けた一方的な過失によって引き起こされた事故だ」として、およそ8300万円の損害賠償を求めていました。判決で大阪地裁は、生野被告に「危険運転罪」による賠償責任があると認定。およそ5300万円の支払いを命じました。この事故をめぐっては、別の被害男性(当時41)の遺族も賠償を求める民事裁判を起こしている他、刑事裁判では、懲役10年の1審判決を不服とする生野被告が大阪高裁に控訴しています。
***********************
何で運転するのか。
轢かれた方は堪ったモノじゃない。
一方で、正しく服薬していれば問題ないという人たちもいる。
何で運転したいのか。
自分がそういう持病を持ってしまったら、運命と思って、運転はやめるべきだと思うのだが。
控訴する加害者の気持ちがわからない。






posted by トロント at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする