2017年04月30日

自治医大暴走事件、被告が病死

自治医大暴走
被告が病死 宇都宮地裁、公訴棄却決定へ
毎日新聞2017年4月29日 20時39分(最終更新 4月29日 20時39分)

 栃木県下野市の自治医科大付属病院で昨年11月、車が突っ込んで3人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪で在宅起訴された茨城県古河市中田、無職、小久保益夫被告(85)が今月6日に病死していたことが分かった。被告の死亡により、宇都宮地裁は公訴棄却を決定する見通し。
 起訴状などによると、小久保被告は昨年11月10日午後2時5分ごろ、乗用車を運転して同大病院の駐車場から出るために自動精算機に駐車券を差し込む際、アクセルを踏み込んで急発進し、東京都港区の女性(当時89歳)をはねて死亡させ、さいたま市の80代の女性と50代の娘にけがをさせたとしている。
 小久保被告は、高齢などの理由から逮捕されていなかった。今年2月の毎日新聞の取材に対し、持病の心臓病治療のために週1回通院していたが、入院する予定だと説明していた。事故の影響などで足も不自由で、治療を続けて「直接会って(遺族や被害者に)謝罪したい」と話していた。
*******************************
こういうケースが今後どんどん増えるであろう。
高齢者が運転して、大勢の被害者を出しても、本人が死亡してしまう、
または、高齢のため収監に堪えないため減刑する。
こんな事が常識化する心配が現実のものになってきた。
高齢者が運転しなくてはならない社会を維持するなら、被害者の出ない方策を立てねばおかしい。
それを何もしないで、免許自主返納に頼る行政のいい加減さ。
クルマ社会を信奉している多くの人々、メーカーに言いたい、
クルマ社会が最上のものなら、なんとかしろ。
知恵を出せ!!




posted by トロント at 11:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
返さない、若しくは不適格なら最初から与えない。免許取得条件を厳格化するべきだと思います。
Posted by SU at 2017年04月30日 18:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック