2017年06月04日

またクルマが凶器となった

車暴走と刃物襲撃、1人死亡=英警察「テロ」―ロンドン
時事通信

 【ロンドン時事】英BBC放送などによると、ロンドン中心部のテムズ川に架かるロンドン橋で3日午後10時(日本時間4日午前6時)すぎ、ワゴン車が歩道を暴走して通行人をはねた。その直後、付近の食品市場「バラ・マーケット」で刃物による襲撃事件があった。少なくとも1人が死亡したほか、負傷者が出ている。英警察はテロ事件だと発表した。
 さらに、数キロ離れたロンドン南部のボクソールでも何らかの事件が発生したと報じられたが、詳細は不明。
 BBCによれば、バラ・マーケットでは、パブで3人組が刃物で4人を刺した。武装警官が駆け付け、銃声が聞かれたという。3人組は暴走したワゴン車から降りてきたとの情報もある。
 バラ・マーケットはロンドン橋から約300メートル離れたテムズ川南岸にある。飲食店が多く、観光名所となっている。
 ロンドンでは3月22日、国会議事堂付近で男が車を暴走させた後、刃物で警官を刺し、5人が死亡する事件が起きた。また、英中部マンチェスターでは5月22日、22人が死亡する自爆テロが発生したばかり。今月8日の総選挙を前に、襲撃事件が相次いでいる。
**********************************
過去にニースでもあったが、クルマは充分に凶器になり得るのだ。
クルマシステムの最大の問題は、
進路を簡単に逸脱できて、操縦者が暴走させようとすれば出来てしまうことである。
そのことをクルマの最大のメリット、自由としてメーカーは宣伝するが、
それが凶器として利用できてしまうことに対する防止対策はしていない。
あくまでも凶器としての使用は、利用者の個人責任としているがそれで良いのであろうか。

 
posted by トロント at 10:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
飛行機、鉄道はもちろん、工事現場の重機、扱いが危険な機械などは、関係者以外立ち入り禁止にして隔離するのが当たり前です。

ごちゃ混ぜなのはクルマだけなんです。このことの重大さに多くの人が気付かない。
クルマが爆弾なみの殺傷力があって、それがそこら中走り回っていることの危険性が麻痺している。
この麻痺をどうするかというのはかなり難しいテーマだと思います。
Posted by SU at 2017年06月04日 14:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック