2017年03月08日

アインシュタインの心があれば

毎日新聞の「余録」3月8日からの部分引用であるが、良い話だったので。
▲戦後、アインシュタインは訪米した湯川秀樹(ゆかわひでき)に涙ながらに「原爆で罪のない日本人を傷つけてしまった」と語り、許しを請うたという。後に彼は核と戦争の廃絶、科学技術の平和利用を訴えたラッセル・アインシュタイン宣言を世界の科学者に残し、この世を去った▲
以前も書いたが、アルフレッド・ノーベルも自分の発明が人を殺すために使われていることを嘆いて、平和に資するためのノーベル賞を作ったと聞く。
ところで、このような責任感が、クルマの発明者にあったであろうか。
未だに毎年全世界で130万人もの死者が出てしまうクルマを大した安全装置もつけず平気で作りまくるというメーカーの無責任さが許せない。特に対人安全性がプアだ。
そして、いつまでも使う人間の責任、使う人間が悪いと言い続けるクルマメーカーの神経が異常だ。
なんとも都合のよい理屈を作り上げたものだ。
最近の、衝突軽減ブレーキだって永い100年以上のクルマの歴史から言ったら、ほんの昨日、数年前からの技術である。
これだって、やっとあるメーカーが売れるかどうか分からない中、オプションで付け始めたというのが実態だ。
クルマメーカーはスピード、出力競争でなく、人を殺さないために、安全対策を最初に手がけるべきであった。
クルマメーカーの技術者のなかに人の命を大切にする本当の心を持った技術者は一体どの位いるのだろうか。
全くいないとは思いたくない。いることを信じたい。



posted by トロント at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

クルマの中で飲酒だと?

「車の中で焼酎飲んだ」信号機に突っ込み、なぎ倒す
テレビ朝日系(ANN) 3/5(日) 17:33配信
 さいたま市浦和区で、交差点に入った自動車が信号機の付いた支柱に激突し、なぎ倒しました。車を運転していた男からは基準値を超えるアルコールが検出され、男は酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。

 5日午前6時すぎ、さいたま市浦和区の交差点で、乗用車が信号機の支柱に突っ込み、歩道側になぎ倒されました。けが人はいませんでした。車を運転していた会社員の青木一馬容疑者(22)の呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたため、警察は酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。青木容疑者は「ドライブの帰りだった」「車の中で焼酎を飲んだ」と容疑を認めているということです。この事故の影響で、現場の交差点では信号機が使用できず、約4時間半にわたって警察官が誘導しました。
*************************
呆れてものが言えない。
免許永久剥奪しかない!!

posted by トロント at 18:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

信号機のある交差点で何故ひき逃げ

はねられ女性を別の車がひき逃走 千葉・浦安市
テレビ朝日系(ANN) 3/4(土) 11:55配信
 千葉県浦安市の横断歩道で自転車に乗っていた女性が軽ワゴン車にはねられ、その後、別の車にひかれました。女性をひいた車は逃走していて、警察がひき逃げ事件として調べています。

 警察によりますと、3日午後10時すぎ、浦安市当代島の交差点で、36歳の男性が運転する軽ワゴン車が自転車で横断歩道を渡っていた女性をはねました。その後、別の車がはねられて倒れた女性をひき、そのまま現場から逃走しました。女性は40代とみられ、全身を強く打つなどして意識不明の重体です。警察はひき逃げ事件として逃走した車の行方を捜査し、事故の原因を調べています。
*********************
二台のクルマが絡んだ事件。
映像では信号機がある交差点だ。
とすると、右左折巻き込み?
それも立て続けとはひどい。
それとも信号無視?
とにかく保安装置を義務づけなければ駄目だ。

posted by トロント at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

自転車はこれが怖い

重傷ひき逃げ容疑、タクシー運転手の男逮捕
TBS系(JNN) 3/2(木) 20:00配信
 タクシーを運転中に自転車に接触し、男性に重傷を負わせてそのまま逃走したとして、タクシー運転手の高橋勝朗容疑者(52)が警視庁に逮捕されました。

 高橋容疑者は先月27日、東京・豊島区の路上で前を走っていた自転車に接触し、男性(29)の右足の骨を折る重傷を負わせたにもかかわらず、そのまま逃走した疑いが持たれています。現場近くの防犯カメラには、タクシーがスピードを緩めず走り去る様子が写っていたということです。

 取り調べに対し、高橋容疑者は容疑を認めたうえで、「自転車にぶつけられたと思った」と供述しているということです。(02日17:50)
**********************
このようにクルマに当て逃げされると、大怪我をする事になる。
まして、タクシーの運転手がこんな事を言っているとすれば許せない。



posted by トロント at 12:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

真っ昼間から飲酒運転とは

「1台に当たり気が動転した」酒気帯び運転、乗用車7台に接触 容疑で53歳男逮捕
産経新聞 3/2(木) 9:36配信

 酒に酔って運転し、駐車中の車7台に次々と衝突したとして、和歌山西署は1日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、和歌山市今福の会社員の男(53)を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、1日午後1時半ごろ、同市今福の県営住宅の駐車場内で酒に酔った状態で軽乗用車を運転したとしている。
 同署によると、男は駐車場内で駐車中の車計7台に衝突。けが人はいない。男は「1台に当たり、気が動転してしまった」と話しているという。
**************************
話にならない。
どうして、酔っ払って運転してしまうのか。
この酒気帯びと酒酔いの区別があるのも制度上おかしいと思う。
少しの飲酒は良いと言い切っているようなものだ。






posted by トロント at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする