2017年11月23日

トレーラーが酔っ払い運転で

阪神高速で大型トレーラーがタクシーに衝突し乗客が死亡 運転手の呼気からアルコール
11/22(水) 19:29配信 MBSニュース

 阪神高速で大型トレーラーがタクシーに衝突し、乗客ら3人が死傷しました。トレーラーの運転手に酒気帯びの疑いがあります。

 午前0時半すぎ、大阪市平野区の阪神高速松原線で大型トレーラーが右に車線変更しようとしたところ、追い越し車線を走っていたタクシーに衝突しました。警察によりますと、タクシーはトレーラーと中央分離帯に挟まれる形になり、乗客の会社役員・田中義男さん(74)が頭を強く打ち死亡、もう1人の男性も意識不明の重体です。また、タクシーの男性運転手(62)もろっ骨などを折る重傷です。
 警察は香川県観音寺市の「三豊運送」の社員・篠原正容疑者(55)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。当時は仕事中でしたが、篠原容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されたということです。
**********************************
こんな特別なクルマを運転するような運転手でも酔っ払い運転するとは驚き。
信じられない。
それにしても無理な割り込み。
挟まれたタクシーはひとたまりも無かったろう。
全てクルマシステムの欠陥から起きた事件だ。


posted by トロント at 11:49| Comment(1) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

また体調急変か

首都高でダンプカー横転1人死亡
11月21日 14時20分 NHKニュースウェブ

21日朝早く、東京・港区の首都高速道路でダンプカーが側壁に衝突して横転し、運転していた58歳の男性が死亡しました。
ダンプカーに積んでいた土砂が高速道路上や高架下の道路に散乱し、現場周辺はおよそ8時間にわたって通行止めになりました。

21日午前4時ごろ、港区六本木の首都高速道路都心環状線内回りの谷町ジャンクション付近で、ダンプカーが道路の側壁に衝突して横転しました。
この事故で側壁は大きく壊れ、ダンプカーは高架になっている部分から荷台が外側にはみ出した状態で止まりました。
警視庁によりますと、運転していた韓国籍で、東京・荒川区の会社員、権赫秀さん(58)が病院に運ばれましたが、まもなく死亡したということです。
ダンプカーの荷台には土砂が積まれていて、高速道路上や高架下の道路に落下しましたが、ほかにけが人はいないということです。
警視庁は事故の詳しい状況を調べています。
この事故の影響で、現場付近はおよそ8時間にわたって通行止めになりました。
********************************
高架からものが落ちることは大災害になりかねない。
被害が無くて良かった。
それにしても最近こういったクルマの事故が目立つ。
何が原因か分からないが、今は身体的な異常を検知できる装置が出来てきている。
早急に装備させるべきだ。
クルマの価格が高くなるという、メーカーの勝手な言い訳は聞くべきではない。
安全あってのクルマ利用だ。
巻き込まれ災害は避けねばならない。



posted by トロント at 16:19| Comment(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

分かっていたら止めてくれ

低血糖症で「意識失った」 危険運転致死の容疑で男逮捕
11/18(土) 12:04配信 朝日新聞デジタル

 糖尿病による低血糖症で意識障害に陥った状態で車を運転し、交通整理中の警備員男性を死亡させる事故を起こしたとして、警視庁は18日、埼玉県越谷市七左町1丁目、無職渡辺純一郎容疑者(51)を自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死)の疑いで逮捕し、発表した。渡辺容疑者は容疑を認め、「運転中に意識を失ってしまった」と述べているという。
 杉並署によると、渡辺容疑者は16日午後4時10分ごろ、東京都杉並区高円寺南1丁目の青梅街道で乗用車を運転中に意識を失い、住宅建設工事のために停車中のトラックの前にいた警備員の湯沢武さん(61)=東京都東村山市美住町2丁目=に衝突。湯沢さんを死亡させた疑いがある。湯沢さんはトラックと乗用車の間に胸などを挟まれた。
 渡辺容疑者は糖尿病を患っており、血糖値を下げるインスリン治療をしていた。署には、過去にも低血糖で意識がもうろうとしたことがあると話しており、この日は昼食前に注射をしたと説明しているという。
 現場は片側3車線で、湯沢さんは一番歩道寄りの車道上で交通整理をしていた。
********************************
こういうケースが本当に怖い。
危険だと分かっていても運転をやめない。
でも人殺しになってしまった。
仕事かプライベートか知らないが、運転はやめるべきだった。
危険運転致死となれば最大20年の刑期。
よく考えた方が良い。





posted by トロント at 16:46| Comment(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

若者のバイクは危険だが

2人乗りバイクと軽自動車が衝突 男子高校生死亡
11/18(土) 11:54配信 All Nippon NewsNetwork(ANN)

 さいたま市中央区の交差点で原付きバイクと軽自動車が衝突し、バイクを運転していた男子高校生が死亡して、後ろに乗っていた女子高校生が重傷を負いました。

 警察によりますと、17日午後10時すぎ、さいたま市中央区の交差点で2人の乗った原付きバイクと軽自動車が出合い頭に衝突したということです。この事故で、バイクを運転していた県立高校2年の松島龍海さん(17)が全身を強く打って病院に搬送されましたが、その後、死亡しました。また、後ろに乗っていた15歳の女子高校生も足の骨を折る重傷を負いました。軽自動車を運転していた19歳の会社員の男性にけがはありませんでした。軽自動車を運転していた男性は「走っていて気付いたらぶつかってしまった」と話していて、警察は事故の原因を詳しく調べています。
****************************
映像で視ると、お互いに狭い道路。
どうしてこんな大きな事故になったのか。
若者はリスクをとりやすい。
たぶんどちらもスピードを出していたのだろう。
とにかく、若者が死ぬのは残念だ。
バイクには乗らぬことだ。

posted by トロント at 15:47| Comment(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

こういう思い違いが怖い

バイクの男性、右折のトラックと衝突し死亡 信号機ある交差点「バイクがよけてくれると思った」/所沢
11/17(金) 21:54配信

 16日午後9時25分ごろ、埼玉県所沢市牛沼の国道463号交差点で、入間市豊岡5丁目、会社員斎藤力さん(45)のバイクとトラックが出合い頭に衝突した。斎藤さんは胸などを打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

 所沢署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、トラックの岩手県滝沢市牧野林、会社員の男(44)を現行犯逮捕し、容疑を同致死に切り替えて調べている。

 同署によると、現場は信号機のある交差点で、トラックが右折しようとした際、バイクが対向から直進してきた。男は「バイクがよけてくれると思ったが衝突してしまった」と供述しているという。
*******************************
この運転手はどちらが優先かを思い違いをしている。
こういう間違いは人が運転するから起きる。
もともと専横的な性格である可能性も否定できない。
こんな事で命を失いたくない。
バイクは怖い乗物だ。

posted by トロント at 23:24| Comment(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする