2017年02月13日

また踏み違い!

「ダイソー」に車突っ込む 65歳女運転、2歳男児重傷「アクセルとブレーキ踏み間違えた」
産経新聞 2/13(月) 1:08配信


 12日午後4時ごろ、兵庫県神河町粟賀町の「ザ・ダイソー神河SC店」で、軽自動車が駐車場から店舗の入り口に突っ込み、近くにいた男児(3)をはねた。男児は顔や胸を打ち重傷。兵庫県警福崎署は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、車を運転していた同町根宇野の板金業手伝いの女(65)を現行犯逮捕した。
 同署などによると、女は「前進して駐車中にアクセルとブレーキを間違えた」と話しているという。県警が詳しい事故原因を調べている。
************************
何で、駐車をするのにペダルを深く踏み込まねばならないのであろうか。
殆ど踏まなくても良いはずだ。
そうすれば、ブレーキに踏み換えても思い切って踏むという行動にならないはずだ。
最近、皆どうやって運転しているのか腑に落ちない。



posted by トロント at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

<母子死傷事故>参列者ら涙 告別式で息子、霊きゅう車に「ママー」

埼玉新聞 2/11(土) 22:15配信

 埼玉県草加市で母子2人が死傷した事故で、亡くなった荒井美季さん(38)の葬儀・告別式が11日、市内の斎場で営まれた。会場には生前親交のあった友人ら約100人が参列し、帰らぬ故人をしのんだ。

 参列者によると、荒井さんの夫健次さん(43)は次男(2)を抱きかかえ、参列者に「38年間お世話になりました。これから3人で頑張っていきます」と気丈にあいさつした。次男(2)は霊きゅう車に乗車する際、「ママー、ママー」と泣いていたという。参列者は涙を流しながら、最後まで出棺を見送り、荒井さんに最後の別れを告げた。

 荒井さん一家を10年前から知る八潮市の無職女性(72)は「これだけ多くの人が集まって、人望があっただろうに気の毒」。健次さんの知人で同市の無職小野登一さん(76)は「二度と同じような事故が起きないよう、運転者には最低限のルールは守ってほしい」と涙ながらに訴えた。

********************************
お気の毒でなんとも言いようがない。
クルマシステムの問題だと言うことを、早く国民が気付いて欲しい。



posted by トロント at 10:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシー業界高齢化顕著

タクシー:高齢化が顕著 法人運転手 65歳以上27%
02.11 08:00
毎日新聞社

 法人タクシー運転手に占める65歳以上の割合が、2015年に27.4%と、調査開始以降、過去最高になったことが厚生労働省のまとめで分かった。10年前と比べ5倍に上昇し、年代別運転手数で初めて最多になった。平均年齢(15年)も59.0歳と全産業平均の43.1歳を大きく上回り過去最高。一方、タクシー運転手による事故は高齢になるにつれ増加しており、専門家から新たな対策を求める声が上がる。【青木絵美】

 この調査は1964年に始まった厚労省の賃金構造基本統計調査。年代別就労者の割合を推計しており、10年前5.6%だった「65歳以上」が15年は27.4%を占めた。14年までの5年間は年代別トップが「60〜64歳」で、65歳以上が年代別でトップになったのは初めて。15年のその他の年代別割合は「60〜64歳」27.1%、「55〜59歳」18.0%、「50〜54歳」11.1%−−などと年齢層が低下するごとに割合も下がった。

 一方、15年のタクシー運転手の平均年齢は59.0歳と05年より4.1歳上昇した。全産業平均では10年で1.5歳しか上昇しておらずタクシー業界の高齢化が際立つ。過去最低だった64年の33.4歳より、25歳以上上昇している。

 個人タクシーはより高齢化が進んでおり、全国個人タクシー協会によると、個人タクシーの運転手は15年3月末現在、「65歳以上」が52.6%を占め、平均年齢は63.6歳。

事故率も高く 高齢者が起こす事故も深刻だ。国土交通省が14年1年間で発生したタクシーが絡む事故のうち、事故の主な原因がタクシーの運転手側にある450件を年代別に分析したところ、「50〜54歳」34件(7.6%)、「55〜59歳」は69件(15.3%)、「60〜64歳」は136件(30.2%)、「65歳以上」は157件(34.9%)−−となり、高齢ドライバーほど事故を起こす傾向がある。13年10月、大阪市で72歳の運転するタクシーが反対車線を逆走し8人がけが。15年4月には京都市で71歳の運転するタクシーが暴走して2人が重軽傷を負った。昨年12月には福岡市で64歳の運転するタクシーが病院に突っ込み、10人が死傷した。

 国交省の推計によると、タクシー運転手の年間平均所得は約302万円(14年)。全産業平均(約536万円)に比べ低く、若年層確保が困難な理由の一つになっている。

 法人タクシーの場合、65〜74歳の運転手には3年ごと、75歳以上は年1回、運転シミュレーターなどによる適性診断が義務づけられている。

賃金構造基本統計調査

 業界別に従業員10人以上の民間事業所を抽出。雇用形態、賃金、従業員の年齢などを調べ、業界全体の実態を推計する。同種調査を引き継ぎ、1964年に始まり、2015年は16業界計5万785社から回答を得た。職業別の統計は、各産業で主となる性別を取り上げ、法人タクシーの場合は男性が対象。法人事業者でつくる全国ハイヤー・タクシー連合会によると、全運転手(15年3月末現在、回答率約90%)27万7728人のうち女性は6878人(約2.5%)で運転手のほとんどは男性。

*******************************
毎日新聞の記事です。
高齢者運転の問題は、運輸業界にも及び始めています。
このままでは、まともに道を歩けなくなるかも知れません。




posted by トロント at 10:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

老人は嘘をつきたがる

「黒い物体にぶつかったが車には…」軽乗用車と衝突し逃げた84歳男性を逮捕 兵庫・丹波市

 軽トラックを運転中に軽乗用車と衝突して相手にけがをさせながら逃げたとして、兵庫県警丹波署は10日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、兵庫県丹波市市島町下竹田、農業、須原満容疑者(84)を逮捕した。「黒い物体にぶつかったが、車にはぶつかっていない」などと容疑を否認している。
 逮捕容疑は9日午後0時35分ごろ、同市春日町多利の県道交差点で、軽トラックを運転中に無職男性(45)の軽乗用車と衝突。右肩などに打撲の軽傷を負わせたにもかかわらず、そのまま立ち去ったとしている。
***************************
まあ言っちゃ悪いが、昔から老人は嘘をつくと相場は決まっている。
そんなことはないとのお叱りは覚悟で書いてます。
歳を取ると何でも自分の都合の良いように言い訳するようになるモノらしい。
バレたら恥だというような気持ちが薄れていくのでしょうね。
だから、高齢者運転には認知症以外にもこういった問題があるのだという事を知っておいて欲しい。







posted by トロント at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

スマホ見ていただと!おまけにスピード違反

母子死傷事故 トラックは制限速度超え交差点進入か
NHKニュースウェブ 2月10日 12時20分

埼玉県草加市で、歩道に突っ込んだトラックに親子がはねられ、母親が死亡した事故で、トラックは制限速度を超えるスピードで交差点に進入し、事故を起こした疑いのあることが警察への取材でわかりました。警察は10日、トラックの運転手を検察庁に送り、詳しい状況を調べています。
8日、埼玉県草加市の交差点で、トラックが別の車に衝突したあと歩道に突っ込み、歩いていた母親の荒井美季さん(38)が死亡し、2歳の次男が軽いけがをしました。
警察は、10日午前、過失運転致死傷の疑いで逮捕した東京・葛飾区のトラックの運転手、八下田誠男容疑者(28)を検察庁に送りました。
これまでの調べで、トラックは赤信号の交差点に進入したと見られていますが、その後の調べで、防犯カメラの映像などから、トラックは制限速度の時速40キロを超えるスピードで交差点に進入し、事故を起こした疑いのあることが警察への取材でわかりました。
調べに対し八下田容疑者は「スマートフォンのナビゲーションシステムを見ていた」などと、供述しているということです。
交差点までの路面にブレーキをかけた痕はなく、警察は、スマートフォンの操作に気を取られ、事故を起こしたと見て詳しい状況を調べています。
***************************
先に報じたのと実態は違って、こいつはデタラメやっていた。
先ず気に入らないのは、いつもの道が混んでいたから初めての道を走ったという供述。
こういうことを平気でするのがクルマ社会の悪いところだ。
その結果、生活道路にクルマがどんどん入って来てしまう。
それより気に入らないのが、スマホ。
何でもありの利用方法。歩きスマホだけでない。
こういう奴だから、スピードは当然守っていない。
重罪にしたいが、単なる過失で終わってしまいそう。
被害者と遺族が本当に気の毒だ。
クルマシステムそのものを直さないとこういった悲劇はなくならない。


posted by トロント at 15:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(雑感) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする